餌~。

数ヶ月前から仲良くさせていただいている方から、餌の保存方法&解凍方法を聞かれたので、今日は画像付きで細かく書いていきたいと思います。



画像


こちらが私がいつも使っている『業務スーパー』のワカサギです。

中国産ですが、産地はそんなに気にすることでもないので、価格+内容量の観点からこういうのが1番安いと思います。

保存方法と言うほどでもないのですが、この状態のまま冷凍庫に入っています。

密閉しているわけではないので、ワカサギが冷凍庫臭くなってしまいますが。。。(冷凍庫がワカサギ臭いのかも・・・。)



画像


買ってきたら半分くらいの量をぶつ切りにしておき、いちいち包丁を使わないで済むようにしています。

季節によってワカサギのサイズは違うのですが、今回のはかなり小さいので使いづらいです。

やはり冬のものは大きくて、外見もきれいな感じがすると思います。



画像


取り出したら、冷水ですすぎます。

この時に解凍しすぎると、内臓が柔らかくなりすぎて取り出しづらくなるので、10~15秒ほどで大丈夫です。



画像


すすいだら、内臓を取り出します。

これは内臓が入ったままです。



画像


こちらは取り除いた後です。

内臓が凍っていれば『ぷりんっ』と爪楊枝でほじくり出せるので、とても気持ちいです。ww



画像


内臓を取り出したら、カーニバルを詰めて出来上がりです。

1かけらに2~3粒は入れます。

やはり栄養補給は大切ですからね。



画像


ひと通り詰め終わったら、後はエロンガータ水槽と混泳スペースに投入するだけです。

カーニバルがどの程度効果を発揮しているのかはわかりませんが、それなりに成長しているので良しとしましょう。

続いてブラックの餌です。



画像


今日は豆アジを与えます。

冷凍方法は画像のとおりです。

くっついて剥がれにくいかと思いきや、少し力を入れればポロッと取れるので案外楽チンです。



画像


こちらはぶつ切りにしてから、ぜいご・尾鰭・内臓を除去します。

解凍方法はワカサギと同じになります。



画像


最終的にはこんな感じになります。

見た目はアレですが、魚はそんなこと気にしないので詰められるだけ詰めちゃいます。

これで栄養満点の食事の完成です。


それでは今日は寝て、明日はGY資金を調達しようと思います!!



医師がすすめる「野菜スープ」ダイエット—内臓脂肪が消えて高血圧、アトピー、ぜんそくも大改善! (ビタミン文庫) (ビタミン文庫)
マキノ出版
島村 善行

ユーザレビュー:
藁にもすがる思いが… ...
お医者さんがすすめて ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"餌~。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント