・・・・。

本日2度目の記事です。

先ほどの記事が書き終わった後、すぐに餌を作りに台所まで行きました。

先日の記事のような手順で餌を作り、水槽部屋へ向かいました。

まずはエロンガータへワカサギを2切れ与えました。

いつものように私の見ている前でもバクバク食べてくれます。

続いてブラックへアジを与えました。

こちらは私が出て行かないと食べてくれないので、まだまだ慣れていないのかもしれませんね。
そういえばブラックは、もう少しでわが家に来て1年になります。

成長はしていないようですが、これからメキメキ成長してもらおうと思います。

そして最後に混泳スペース。



画像


パラナ産のなのですが、どうですこのお腹。

こんなにお腹の形が変わるほど食いつきの良い餌はなんだと思います?

アジ?ニジマス?ワカサギ?ドジョウ?

いえいえ。そのどれでもありません。

正解は、、、









画像


ピラニアです。

どうやら水換えにより興奮したパラナ産に襲われてしまったようです。。。

死骸を見つけたときは、その場に座り込んでしまいました。

すぐに隔離してやれば良かったのですが、普通に泳いでいて大丈夫そうだったのでそのままにしました。

無理にでもプラケースに入れておいてやれば、こんな最悪な結果にはならなかったでしょうね。

過去の自分の行動力の無さに腹が立ちます。

この感じからすると、17cmくらいまで成長していたのかもしれません。



画像


画像


卵が散らばっていました。

パラナ産に比べて体高が低めだったのでオスと予想していたのですが、どうやらメスだったようです。

体高の高低では判断できないのかもしれませんね。(個体の骨格はすべて違いますし)



画像


体表の粘膜がすごいですね。

歯は小さいながらも見えています。

なんとも『ピラニアらしい』顔つきをしています。



画像


ナッテリーのお腹もパンパンです。

ピラニアは1週間絶食しても『死ぬ』心配はありませんが、混泳している場合は1週間絶食で『死ぬ』ことがありますね。

今年に入って5匹目のGYの死骸です。

ピゴ属のすばらしさを教えてくれたパンタナル産GYは、かけがえのない大切な個体でした。(すべての個体が大切ですが)

パンタナル産、安らかに眠っておくれ。

この記事へのコメント

スライム
2009年05月24日 19:38
下の記事から見てコメントを書いたのに><
これは恐ろしいというか物凄くショックな出来事ですね。
自分がそんな経験をすると立ち直れそうにもありません。。。
スライム
2009年05月24日 19:46
パンナタルは自分のGYと同時期に購入した
固体でしたよね。。。非常に残念です。。。
あと卵ですか。。。どの固体とで産卵なのだろう。。。
自分のGYもメスだと思っています。
とんこつ
2009年05月24日 19:50
そうなんです。。。
スライムさんのGYとの成長率の違いを見ていくのが目標だったのですが、夢叶わずです。。。

がんばってみますが、ショックすぎてしばらくブログの更新は無理かもしれません・・・。
amu
2009年05月24日 21:31
こんばんは。
非常に残念な結果になってしまいましたね。
あらためてピラニアの混泳の難しさを知りました。
自分もジャイアントイエローの混泳を
夢見てきましたが断念しようと思います(^^;)
なんとか気を取り直して、これからも頑張ってくださいね。
とんこつ
2009年05月24日 21:51
amuさん、こんばんは。。。

傷ついたらすぐに隔離するのは鉄則ですね。。。

しばらく新魚は導入しないと思いますが、今後は幼魚の導入が濃厚です。。。

立ち直るにはもう少し時間がかかりそうです。。。
sato
2009年05月24日 23:50
こんばんは!

・・・大変残念な結果になってしまいましたね。。
抱卵した個体は狙われやすいとかあるのでしょうか。それとも単にテリトリーや餌の争いをする相手だっただけでしょうか。。
混泳は難しいですね。。
我が家も最近ジャイアントイエローがピラヤたちにやられそうな気がして心配です。
とんこつ
2009年05月25日 00:12
satoさん、こんばんは。。。

本当に残念でなりません。。。
メス特有のフェロモン的なものが他魚を興奮させているのか、はたまた抱卵した個体から出る『卵の匂い』に興奮してしまうのか・・・。
理由は永遠にわからないと思いますが、混泳するなら相性の良い個体を見つけるしかないですよね。

といっても、相性なんて混泳してみないとわかりませんが。。。


satoさんのセルフィンプレコも残念でしたね。。。
苔取り要員とはいえ、2年以上も飼育されていれば愛着があったのではないでしょうか。
ご冥福をお祈りします。。。

やはり日々の観察は大事ですよね。
satoさんの水槽でも共食いが起きてしまうのですから、私の120cm水槽では『共食いされて当たり前』くらいの感じなのかもしれませんね。。。

satoさんのジャイアントイエローに何も起こらないことをに願っています。
鬼眼
2009年05月25日 01:08
こんばんは

残念です…
ピラニアの混泳はリスクがありますが、上手くいってたのが突然こうなってしまうんですね…

犠牲になったGYの分まで他のピラニア達を可愛いがってあげて下さい

合掌…

ぴらや大好き
2009年05月25日 11:13
このたびは・・・

犠牲になってしまった個体は残念ですが、他の個体にそのぶん愛情注いでやってください。


こんばんは!
2009年05月25日 19:15
とても残念ですね。
やはり混泳は魅力的ですが、怖ろしいという事を再認識させられました。
僕も気を付けます。
まるこ
2009年05月25日 20:05
自分も先日ピラヤが共食いしてましたが悲しんだりはしませんでしたよ。
最低な飼育者かもしれませんがピラニアの混泳に絶対はありませんからね。
本当に魚を愛しているなら混泳なんてしませんからね。
逆に混泳させている飼育者のが最低で残酷なのかもしれないですよ。
自分が書いたコメントを皆さん方がどう受け取るかは自由です。
とんこつさんが消すのも自由です。
ただ自分は思った事を書かせていただきました。
リキ
2009年05月25日 20:44
残念でしたね。表現が悪いですが姉金など非常食になる魚を入れておけば多少回避できますよ。
ph7.74
2009年05月26日 21:53
まるこさん へ

こういうコメントは一人で思うだけに留めておいた方がよいと思いますよ。もしくはご自身のブログ内だけにしておくとか・・・。
自分の考えを押し付けるな。
2009年05月27日 17:53
まるこさんの言う事も解りますが
何故他の人のブログでわざわざ?
常識と言う言葉をご存知なのでしょうか?
書くのは自由ですがそれは自分自身のブログで書けばいいですね。そこで賛同してくれる人を探せばいいんじゃないかな?常識の無さを疑いますね。
とんこつ
2009年05月27日 23:52
鬼眼さん、こんばんは。。。

まさか尾鰭を齧られたその日に殺られてしまうとは思いませんでした。。。
現在はナッテリーとGYのタイマン混泳なので、ナッテリーが心配です。。。


ぴらや大好きさん、こんばんは。。。

やはりぴらや大好きさんのピゴ属水槽のように、個体数が多くないと攻撃対象が絞られてしまうので、維持は難しいのかもしれませんね。。。
他の子たちはこれからも末永く生きてほしいです。。。


こんばんは!さん、こんばんは。。。

初コメントありがとうございます。
『セルラサルムス属に比べ、ピゴ属は混泳させやすい』というのが世間一般での認識としてあるので、自分勝手ではあるのですが、どうしてもピゴ属は混泳させたくなってしまいます。。。

分類分けされているとはいえ、ピラニアはどこまでいってもピラニアという事を再認識させられました。。。
とんこつ
2009年05月27日 23:53
リキさん、こんばんは。。。

初コメントありがとうございます。
この事件の次の日に姉金を50匹ほど購入する予定だったのですが、このような結果になってしまいました。。。

今後混泳を試みる際は『常時』餌金を泳がせてみたいと思います。。。


まるこさん、ph7.74さん、自分の考えを押し付けるな。さん、こんばんは。。。

御三方ともに、初コメントありがとうございます。

ph7.74さんと、自分の考えを押し付けるな。さんのおっしゃっていることは正しいと思います。
しかし、まるこさんのような考え方をされる方がいらっしゃるのもまた事実です。

私はまるこさんのコメントを見て、「どのように工夫すれば混泳が成功するのか」ということをより真剣に考えるようになりました。

ただ、ピラニアに限らず魚の飼育をされている方は全員、『心の底から魚を愛している』と思います。
本当に最低なのは、密放流などの身勝手な行動をする飼育者ではないかと思います。
ぴらや大好き
2009年05月28日 00:49
とんこつさんの紳士的な言葉に心からの拍手を!!
ピラニア好きの高校生
2009年08月11日 02:25
本当に とんこつさんの『飼育者は心の底から魚を愛している』
という 一言は 素晴らしいと おもいます
とんこつ
2009年09月25日 22:24
ぴらや大好きさん、コメントが遅くなり申し訳ありません。

紳士的だなんて大袈裟ですよ。(^^;)
人は誰しも違う考え方を持っているのですから、意見がぶつかり合うのは当然ですよね。
私の書いたコメントに異を唱える方だって大勢いるはずですし。
こんな適当な管理人ですが、今後とも訪問してくださるとうれしいです。


ピラニア好きの高校生さん、コメントが遅くなり申し訳ありません。

素晴らしいだなんてとんでもありませんよ。
『嫌いだったら飼わない』の逆を偉そうに書いているだけですよ。w

この記事へのトラックバック