導入魚妄想~。

今日も朝から水換えです。



画像


プレコ水槽です。

昨日はひかりキャットを与えたので、残飯があふれていました。

やはりひかりプレコのほうがキレイに食べてくれるようです。

ここ2~3ヶ月ほど上部フィルターのメンテをしていないので、きっと真っ黒になってしまっているでしょう。

近いうちに交換しようと思います。



画像


久々登場のブラック1号です。

どことなく茶色っぽく見えていますが、実際は真っ黒です。

真っ黒すぎてなかなかピントが合わず、撮影に苦労しました。



画像


導入時からまったく成長していないでしょうね。

ピラニアという魚種自体が成長が遅いといわれていますが、大型になるとさらに遅くなるそうですね。

「1年で1cmの成長はざら。」なんてよく聞きます。

しかし、同サイズでも1年で3~4cm成長する個体もいます。

餌食いのいい個体に、バリエーション豊かな餌を与えれば結構成長してくれるかもしれませんね。

わが家のブラック1号も、40cmオーバーになってくれるように願っています。



画像


エロンガータです。

コケだらけでよく見えないかもしれませんね。申し訳ありません。。。

120cm水槽内でプラケースに入れて飼育しております。

この子も15cmほどからほとんど成長していないでしょう。

ワカサギは食べてくれません。何か冷凍できて、安く、栄養満点な餌を探すしかありませんね。

やっぱりドジョウかなぁ。。。



ダイヤとブラック2号を手放した後、ブラック1号を60cmワイドに移動して、120cm水槽をフルで使おうと思っています。

できれば混泳できる魚種がいいので下記の魚種を考えております。

①ピラニア(ピゴケントルス属限定)の混泳水槽。

②淡水エイの混泳水槽。

③古代魚の混泳水槽。

以上です。

ピゴ系の筋骨隆々とした体型は迫力満点なので、その混泳水槽もとても迫力があるでしょう。

淡水エイはかねがねより飼育したいと思っていました。ただ、ピラニアの丈夫さに慣れてしまい、繊細という噂の淡水エイを飼育できるか不安です。

古代魚の混泳水槽はやはりガー・ポリプ・アロワナ・・・etc、といった感じでしょうか。しかし120*60*45(H)という環境では狭いので、現実的には無理でしょう。

将来的には繁殖まで行きたいので、①or②の線が濃厚でしょう。

モンスターフィッシュ・キーパーズを熟読して、考えていきたいと思います。

この記事へのコメント

はむたん
2009年03月08日 20:33
ピラニアは成長が遅いのですね
同じカラシンで似たような形のコロソマを飼育していたことがありますがコロソマはかなり成長が早かったです
新しい水槽の妄想は楽しいですよね
妄想しているときが一番楽しいかもしれません
とんこつ
2009年03月08日 22:11
こんばんは!

コロソマはホントに成長が早いそうですね!!

対してピラニアは、餌の好き嫌いは激しいし、その結果、摂取量が減って成長しないんですよ。。。


妄想をしていると胸がワクワクしちゃいますよね!!
飼ってるときより、妄想しているときの方が楽しめてたりして。(笑)

この記事へのトラックバック